検索

桃華の宵コンサートダイジェスト版

「〜桃華の宵〜歌とフルートとピアノによるライブ&オンライン ハイブリッド・コンサート」、アーカイブ視聴も終了し助成報告もやっと終わり、長かったプロジェクトが一区切りとなりました。

会場にお越しくださいましたみなさま、ご視聴くださいましたみなさま、本当にありがとうございました。音楽のあるひとときご一緒できましたこと、ただただ幸せでした。


そして、どちらも難しかったという方のために、静岡浅間神社桃華祭神事の模様と、コンサートを短くまとめたダイジェストを無料公開いたします。ぜひご覧ください。


https://youtu.be/d48YXl9bZDk


同時配信のハイブリッド・コンサートだったため、どのような映像や音質になっているかは終演してアーカイブで確認することとなったのですが、カメラワークも音響も素晴らしく、配信の質を高めてくれました。灯ろうと照明の舞台装飾もそれはまた美しく。もちろん共演の先輩方の風格ある演奏と温かみ溢れるトークにも支えられて。

演奏・制作陣一丸となって作り上げた配信でした。


無観客配信ではなく、会場にも多くの方にお越しいただき、同じ空間を共有できたことも嬉しく。

この状況での開催には色々な意見をいただくことを覚悟していましたが、ありがたいことに耳に入る限りでは元気をもらった、勇気が出たといった嬉しいご感想やご意見が多く、そういう声にこちらも大きな力をいただき、それと同時にこのコロナ禍でやはり誰もが大変な思いをされていたのだなと感じました。


今年の春で、静岡に居を移してから9年が経ち、東京の多様で充実した音楽シーンとはまた違う、土地に根付く伝統文化が静岡には芳醇にあることを年々実感します。

極々普通の人々の日常生活の中に何百年と続いているその土地の音楽があって、自然の循環と音楽の流れの共通性や、季節と行事と祈りと音楽との関連などが、頭ではなく体で実感することができると感じます。

浅間神社桃華祭も、その日奉納されていた舞楽は失われてしまいましたが、綿々と続いてきた舞と音楽の捧げ物は、当時の人々の生活の(ハレとケを合わせた生活という意味での)一部(ハレ)であったのだろうと思います。


そんなことを桃華祭の動画から感じていただければ嬉しいですし、祭の日に相応しく誰もが楽しめるような選曲を試みたコンサートのダイジェストも、美しい映像とともに楽しんでお聴きいただけたら嬉しいです。


ソプラノ 江口二美、清水菜穂子

テノール 高野二郎

ピアノ  田中梢

フルート 古川はるな


灯ろう装飾

三枝文子


テクニカルディレクター 栗田真志

カメラ 山田洋輝、木村光志

配信 山田英貴

音響 河守智之、増野浩之

照明 近藤大亮


会場マネジメント 川田成夫


協力 静岡浅間神社


ふじのくに#エールアートプロジェクト